麻酔科医師の転職動向

麻酔科医師の転職動向

麻酔科医師は非常勤医師が多い傾向にありましたが、ここ最近は常勤医師の求人が増加しています。
標榜医から専門医、指導医とどのクラスでも募集があり、当直、宅直が選べる求人が多いです。
麻酔科常勤医が多い総合病院などは、当直やオンコールが無い、または少ない求人もあります。

国公立病院は常勤医師の求人募集も多いです。
麻酔科医師の年収相場は1,000万円程度から2,000万円以上の求人まで幅広いのが実情です。
また、オンコールの頻度や救急当直の有無など勤務内容によって給与は大きく変わってきます。

麻酔科の医師の選考ポイントは実績はもちろん、診療に対する考え方も含まれます。
例えば、手術麻酔領域に関する得意不得意領域の確認や並列麻酔の経験、術前術後の管理についての可否などが、面接などで聞かれる傾向にあるようです。
病院によっては脳神経外科中心など、手術の内訳に偏りがあるところも多いので、事前にしっかりと医療機関の特徴について情報収集しておく必要があります。

麻酔科専門医が取得できる医療機関の要件について

麻酔科専門医の取得要件に該当する医療機関は指導医の数や症例数など、研修施設の認定を得るためのハードルも高いですし、専門医取得ができない医療機関と比べて、スタッフだけでなく、最新の麻酔機器や各種機器が揃った医療機関となります。
このような医療機関での勤務は比較的忙しいことが予想されますし、症例取得のため、大学から研修に来ている先生が多く在籍することもあり、大学との繋がりが強い医療機関であるかどうか、事前の調査が不可欠です。

日本麻酔科学会認定の麻酔科専門医の取得要件
・麻酔科認定医資格取得後3年以上経過し、麻酔関連業務に専従していること(麻酔に専従して満5年以上経過している)
・麻酔科認定病院で麻酔の臨床業務に1年以上従事し、所定の臨床業績、研究業績があること

在宅、緩和ケアの求人はベテラン医師や女性医師に人気

オンコールの生活から開放されたい…
臨床麻酔だけでなく、外来患者とコミュニケーションが取りたい…

そんな40代、50代の医師や女性医師に在宅、緩和ケアの求人は人気です。

緩和ケア・ペインクリニックなどは前任ドクターの退職が理由の常勤医募集や新規立ち上げクリニックの院長募集など募集形態がさまざまです。
クリニックの中にも、内科、整形外科、在宅診療所など複数科目の医師が常勤しているところもあります。
常勤医が1名体制のところでは、当然ですが、様々な疾患に対応していく必要があります。

そうはいっても、自分に合う求人探しは難しいですし、より条件の良い求人を探すのであれば、麻酔科転職のプロにお願いする方法が1番楽です。
多くの医療機関では、給与は院内規定により決定するものの、プラスアルファの交渉が可能な施設も数多くあります。
当直やオンコールの無い、もしくは限りなく少ない人気求人は非公開求人として紹介してもらえます。


当サイトでは、医師の口コミ情報をもとに、求人数、エリア、対応のスピードや品質、会社の規模、条件交渉力の高いエージェント会社だけに絞り、ランキング化しました。

それぞれのエージェント会社によって非公開求人の数や条件が異なりますし、得意分野が違うので、1社よりも2社、3社に登録した方がより条件に合う求人を選べます。

医師転職エージェントの人気ランキング




医師転職エージェントランキング


  1. 2018.02.25

    医師転職ドットコムの評判や口コミ、転職成功事例紹介

    医師転職ドットコムの評判医師転職ドットコムは東証一部上場株式会社アインファーマシーズのグルー…
  2. 2018.01.30

    医師転職サイトを比較する方法

    医師の転職サイトが年々増えてきています。転職サイトを利用するメリットや一体どのサイトがおすすめな…
  3. 2018.01.02

    医師転職サイトのabeドクターステーション

    ABEドクターステーションは医師専門の転職斡旋会社で20年の実績があります。求人情報は全国で2,…
error: Content is protected !!